西宮・夙川の女性専用 美脚&ダイエット専門サロン「ナチュールフィット」

美脚・ダイエット専門サロン - Natur Fit[ナチュールフィット] Natur Fit

TEL 0798-35-2953 [営業時間 10:00 - 20:00 (LO 19:00) / 定休日 水曜日]

ご予約・お問い合わせ

Menu

ブログブログ

きれいで健康的に痩せる方法

  • ☆たんぱく質をとりましょう!

    ダイエットのために、食事量を減らすとカロリーカットにはなりますが、

    大切な栄養素までカットしてしまいます。

     

     

    体はたんぱく質からできているので、不足すると健康にもダイエットにもマイナスです。

     

    1日に必要な成人女性のたんぱく質は、体重50kgの人は50gです。

     

    この数値を食品に置き換えると

    ・和牛もも 181g 

    ・鶏ささみ 196g

    ・豚ロース 18g

    ・木綿豆腐 2.5丁 

    ・卵(L) 6個  

    ・魚 (マアジ1尾 25㎝)

     

    分に相当します。

     

    動物性の肉や魚だけでなく、植物性の豆腐など豆製品をバランスよくお摂りくださいね。

     

    おすすめの大豆プロテイン。

    100%遺伝子組換えでない。

    アミノ酸スコア100!

    専用の付属のスプーン1敗で16gたんぱく質が摂れますよ!

     

  • ☆1と2どちらが正解?

    2020年11月01日

    1.楽しいから笑顔になる。

    2.笑顔だから、楽しくなる。

     

     

    答えは、どちらも正しいのですが、フロー理論から言うと、

    正解は2です。

     

    脳は、笑顔の時の記憶を残しています。

    その時々に何があって楽しかったのかまでは思い出せなくても、笑顔にすると

    「アッ!この表情は楽しい時の表情だ」

    と脳は判断します。

     

     

    そして、その時の感覚を思い出します。

     

    つまり、楽しい感覚、嬉しい感情を思い出します。

    この働きがよく刺激されると、笑顔にするだけで、楽しい気分になります。

     

    その時の状況、考え方などにより、人によって楽しさの度合いは違ったりします。

    でもこのトレーニングをしていくと、フローになりやすいのです。

     

    フローになると、心が流れてより良いコンディションで物事にのぞめます。

     

    そして、より行動しやすくなります。

     

    その結果、行動の結果、楽しくて笑顔になります。

     

    自分の心は自分で決めるという生き方になっていくのですね!

     

    笑うことは、免疫を上げます。

    栄養素をしっかり摂って、笑って、元気に乗り越えていきましょう!

     

  • ☆ブッダの7大欲求

    今回も、12月の勉強会で医師の田畑先生の講演で学んだ続きです。

     

    ブッダの7大欲求というものがあります。

     

    ・食欲

    ・性欲(子孫を残したい)

    ・睡眠欲

    ・承認欲(他人に認められたい、褒められたい)

    ・生存欲(病気になりたくない、生き残りたい)

    ・怠惰欲(楽をしたい、さぼりたい、ダラダラしたい)

    ・感楽欲(温泉に行ってリラックスしたい、心地いい音楽を聴きたい)

     

    この欲求が満たされないと、振り回されてしまいます。

     

    そこでそれを回避しようと、食欲で補おうとするのだそうです。

    それは食欲が一番カンタンに満たすことができるから。

     

    食欲が旺盛な時、まず他の6大欲求が満たされているか、客観的に自分を振り返るのも大切ですね!

     

    ダラダラすることを「怠けている、ダメ」と決めつけず、自然な人間の欲なんだと思うこと。

     

    ダラダラも、時にはダイエットに必要ですね!

     

  • ☆前頭前野を働かせましょう!

    2020年1月10日

    つい食べ過ぎてしまうという方へ…

     

    12月、日本痩身医学協会のセミナーで医師の田畑先生のお話がありました。

    そこでのお話をご紹介しますね!

     

    ながら食べをすると、食べている意識がないため、つい食べ過ぎてしまいます。

    例えばテレビを見ながら、スマホをしながら食事をしていると、気づいたらお皿がカラになっていたなんて経験はありませんか?

     

    前頭前野を働かせるために、食事をするときに一番いいのは、テレビやスマホはやめ、また人と話すのもやめ、食事に集中して味わっていただくと満足感が生まれるそうです。

    (なかなか難しいですが(;^_^A)

     

    また、昔から言われる“レコーディング”

    食べたものの画像の保存や、カロリーの記録、食べた時の感想などを記録すると、食べている意識が生まれ、食べすぎを抑制できます。

     

    また、その記録を見返したときに、何か気づくことがあるので、食生活を改善しやすいそうです。

    実際に、お客様でご自分なりにレコーディングをされている方は、順調に痩せていく傾向にあります。

     

    ダイエットするしないに関わらず、まずは1か月でもお試しくださいね。

     

  • ☆カフェインは何時まで?

    お客様のお話を伺うと、時々カフェイン中毒になっている方います。

    コーヒー1日5杯…、夕食後にコーヒー。

    「夜にコーヒー飲んでも寝れます」なんていう方もいらっしゃいますが、夜のカフェインは、ダイエットに大切な睡眠の質も下げるので、ぜひとも避けていただきたいものです。

     

    コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなどに含まれるカフェインは中枢神経を興奮させて、快眠を邪魔する化学物質です。

     

    体内での代謝は平均5時間はかかるとされているので、健康な方でも17時以降は控えていただくほうがいいと思います。

    不眠気味の方は、カフェインの効果が持続しやすいので、できれば正午以降は飲まないほうが無難です。

     

    17時以降飲んでも大丈夫な飲み物はカフェインが入っていない、麦茶やはと麦茶、ハーブティーなど。

    また不眠気味の方は豆乳もおすすめです。

    豆乳にはトリプトファンという催眠作用のあるアミノ酸が入っているんです。

    ただし、無調整の豆乳をお選びくださいね!

     

月別アーカイブ

最新のコメント