西宮・夙川の女性専用 美脚&ダイエット専門サロン「ナチュールフィット」

美脚・ダイエット専門サロン - Natur Fit[ナチュールフィット] Natur Fit

TEL 0798-35-2953 [営業時間 10:00 - 20:00 (LO 19:00) / 定休日 水曜日]

ご予約・お問い合わせ

Menu

ブログブログ

笹野裕美のブログ

  • 備えあればうれいなし

    2022年5月01日

    40代の痩せる方法をお伝えする

    西宮・夙川の耳つぼダイエット専門サロン

    ナチュールフィットの笹野裕美です。

    |

    3月末、実家に帰ると母が

    「動かれへんねん」

    と、

    たぶん圧迫骨折だと思い、救急車を呼びました。

     

    その間、母に

    「黄色のポーチを持って来といて」

    と言われ、準備をしました。

     

    3人の救急隊員が防護服に防護マスクにヘルメットでやってきました。

    ゴーストバスターズみたいだなぁと見ていると、

     

    隊員たちは、母にかなりゆっくりと優しい声で

    「どうしたんですか?」なんとも丁寧で安心感を与える口調。

    「滑って転んでしまいまして…」

    「それは痛かったでしょう」

    なんだかとてもほんわかしたやり取りが続いてました。

     

    一人の隊員が私に

    「お母さんは、今年に入って手術とかお医者さんにかかったり、お薬飲んでますか?」

    と聞いてこられました。

     

    「えっ!?確か去年?いや、あれは今年?たしか心臓の…」

     

    オタオタしていると、母が「黄色のポーチの中開けて」

     

    ポーチを開けてみるとお薬手帳がありました。

     

    中を開けると、お薬・既往歴・いつどの病院になぜ行ったか、病院の住所など

    こと細かく書かれていました。

    隊員が、

    「これはすごいですね!よく分かるので、助かります」

    と、褒めてくれ、ホッとしました。

     

    病院に着くと、看護師さんが私にいろいろと聞いてこられました。

     

    私は水戸黄門の印籠さながら

    「こちらに、載っていると思います」

    と渡すと、

    「これはすごいですね!よく分かります!」

    と褒められました。

     

    まるで、私が褒められたかの様な気持ちになりましたが…、

     

    私は、自分のお薬手帳がどこにあるかさえも分からず、もちろん未記入。

     

    いつ何があるか分かりません。

     

    私も母を見習って、もしもの時のために、準備しようと誓いました。

     

     
    リボン当サロンの耳つぼダイエットは、日本で一番大きな「耳つぼ」の協会になります。
     
     
    3カ月で−10kg 可能なプログラムなのに、
    3つのお約束だけで、とても簡単。
    運動はしなくてもいいので運動が苦手な方、
    時間のない方でも、簡単にダイエットできます。
     
    ご興味のある方は、無料カウンセリングにお越しくださいませニコニコ
     

    ○お友達登録後、「アメブロを見た」とメッセージを返信していただくと、お得なクーポンをプレゼント🎁させて頂きます。

     

    友だち追加

     

    読み込めない場合は、

    LINEで@akf5260iを検索してくださ

     

     

     

     

    ~Natur Fit~ (ナチュール フィット)
    耳つぼダイエット新規開業や
    新メニュー導入される方を大募集
     
    お申し込みはこちらから☟
    (*その他・お問い合わせ欄に、「痩身資格習得無料説明会希望」とご記入ください)
     
    女性が笑顔で輝くことで、周りも元気になる、そんな明るい未来を作っていくことが、私の使命です。
     
     
    ◦セミナー日程
     
    ・会場:夙川(ナチュールフィット にて)
    痩身資格習得無料説明会
    内容 耳つぼ痩身事業の説明会
     
    *随時開催しておりますので、問い合わせくださいませ。
     
     
     ☆口コミサイト”エキテン” にて、地域1番の口コミ優良サロンに選ばれました。
       
    ~Natur Fit~ (ナチュール フィット)
    西宮・夙川の整美脚&ダイエット専門プライベートサロン
    (脚やせ、むくみ、冷え、セルライト、O脚、骨盤、ダイエット)

    ■ ご予約・お問い合わせ
    電話:0798-35-2953
    メール  メールでのご予約・お問合せ

    営業時間:10:00~20:00( 最終受付19:00)
    定休日:水曜日
    住所:      西宮市羽衣町6-5 デュオ夙川201

    ⚫︎阪急神戸線「夙川」駅から徒歩3分

    ⚫︎JR「さくら夙川」駅から徒歩7分

     

    スタッフ紹介メニュー・料金お客様のお声
    当店についてよくある質問

     

     

     
     
  • 何でもできる

    2021年11月02日

    こんにちは。“さそり座の女”の笹野裕美です。

     

    小学生の頃、私は仲良しのゆりちゃんと遊んでいました。

     

    「今日は、スーパーマンごっこしよう!」

    タンスから見つけた風呂敷を首に巻いてマントにしました。

     

    走るとヒラヒラ、紫色の風呂敷マントが浮いて、強くなった気がしてきました。

     

    団地のごみ置き場(1.5階くらいの高さ)の上によじ登ると、

    ゆりちゃんが先に飛び降りました。

     

    「次、ひろみちゃんやで。」

     

    私は、柵を乗り超えました。けっこう高い…。

     

    でも、大丈夫!

    私はスーパーマンやから飛べる!エイッ!

     

    全然空飛べへんなぁ…。

     

    もう一回!もう一回!

     

     

    「遠く見て上に向かって飛んでみい!」

     

    ゆりちゃんのアドバイス通りやると、

    さっきより遠くに飛べて、風呂敷がヒラヒラ浮きました。

     

     

    どんどん遠くまで飛べるようになってきました。

     

    練習したら絶対空を飛べる!スーパーマンになれる!

     

     

    本気で空を飛べると思って、毎日ゆりちゃんと飛んでいました。

     

    何でもできると純粋に信じていた子供の頃。

     

    やりたいこと、欲しいもの、したいことを

    できないことを考えるより、

    できることを考えて、行動したいと思います。

     

  • ☆連絡帳☆

    2021年10月11日

    こんにちは。笹野裕美です。

     

    先日、実家に帰った時、

    2歳の保育所時代の連絡帳が出てきました。

     

    46年も前のもの。

    年季の入った連絡帳を読み始めました。

     

     

    1119日(金):おうちから

    『きのうパパがいなかったので夕食を簡単なものにしたら少ししか食べなかったので、

    「もっと食べなさい」

    と言うと、

    「だって、おいしくないもん!」ですって。モゥ-、マケソウー』

     

    215日(火):おうちから

    『近所の1歳下の女の子と遊んでいて順番を争ったので、

    「ジャンケンしなさいと

    」言うと、どちらもチョキを出して、

    何度してもチョキでお互いゆずらず、よけいケンカになりました』

     

     

    私はもちろん覚えていないけど、

    私にそんなかわいい面白い時があったんだなぁと、

    そして両親や祖父母、

    保育所の先生から愛されて大切に育ててきてもらったんだなぁと、

    改めて気づきました。

     

    たくさん困らせて、面倒もかけてきた両親にお返ししたいなぁと思います。

     

    大切な宝物がまたひとつできました.

     

  • ☆Very Good!☆

    2021年8月17日

    こんにちは。笹野裕美です。

     

    4月のある日、段ボールに入った重たい荷物が届きました。箱の中には、テキスト6冊+課題がギュウギュウ詰めに入っていました。

    そういえば、ちょっと前に

    “健康管理一般指導員”

    “健康管理能力検定1級”

    の講座を申し込んだのでした。

     

     

    講座を気楽に考えていただけに、段ボールの重さにゾッとし、添削問題の提出があることににゾッとし、ひとまずソッと収納ケースに直しました。

     

    それから2カ月が過ぎ、

    そろそ本気でやらないと試験まで、時間がない

    !と、通勤中にテキストを読み始めました。

     

    いいことが書いてありますが、なんせすごい量。

     

    テキスト2冊読んでから課題。その課題の24ページ分、「○○を説明せよ」とか、とにかく字を書かないといけない( ;∀;)

     

    こんなに字を書くのは、学生の時以来です。

     

     

    “内臓”の“”臓みたいな画数の多い字は、時間がかかり、書いても書いてもページが進まない。

     

    右腕パンパンになって課題を終え、郵送しました。

     

     

    そして、添削されて課題が帰ってきました!

    「98 Very Good」

     

     

    98点とは、なかなかいい点数♪

     

    おまけに

    「笹野様の解答はとても丁寧で素晴らしかったです」

    とコメントが書かれていました。

     

     

    褒められると、嬉しいもんですね!

     

    もっと健康・体・食・病気の事など学んで、ダイエットのいいアドバイスができるように、

     

    あと4冊のテキストと課題3冊、書いて書いて書きまくって、

    100点とって、

    資格取得に向けて頑張ります!

  • ☆使命をみつけるために☆

    2021年5月30日

     こんにちは。おばあちゃん子の笹野裕美です。

     

    先日、

    「人には使命・役割がある。それを見つけるために、ご両親や小学生の時の友達に、子供の頃どんな子だったか聞くといいよ」

    と教えていただきました。

     

    さっそく父に電話しました。

     

    「ひろみは、よう泣いてたなぁ。おばあちゃんに預かってもらう時、いつも泣いてたわ」

     

    私が2.3歳の頃、両親は共働きなのに、保育所が満員で入所できず…。

    仕方なく、堂島で働く父か母が出勤するときは、大阪の堺から一緒に電車に乗って、阪神梅田駅改札で祖母と待ち合わせて私を預ける。

    そして、祖母の家で過ごし、夕方になると今度は阪神梅田駅で祖母が父か母に私を引き渡す。

    そんな日が続いていました。

     

    父に

    「私なんで、いつも泣いたんかな?」

    と聞くと、

    「そりゃ、お母さんと離れるのが寂しかったんやろうなぁ」

    寂しかった記憶はないけど、

    ただ覚えているのは、あのミックスジュース!

     

    泣いてごねると、いつも祖母が阪神梅田駅の改札近くにあるスタンドであの美味しいミックスジュースを買ってくれるのです!

    しばらくして近所の保育所に入れるようになちましたが、その時は登園しても楽しそうで、母と離れる時もまったく泣かなかったそうです。

     

    ミックスジュースに命を懸けていた、そんな私の使命は…(;・∀・)

     

    でも、父の話で、子供の頃のことを思い出して、ほっこりしました。

    ぜひ、皆さんも子供の頃のことを思い出したり、聞いてみてくださいね。

     

月別アーカイブ

最新のコメント